小さな引越しをして一人暮らしをはじめたとき

引越しの経験は2度あります。 1度目は一人暮らしを始めたとき。 以前からマンション管理会社に勤める友人から空き部屋があって困っているとの話を聞いており、 思い立って突然引越すことにしました。 仕事も変えず、実家からもそれほど離れていないところへの小さな引越しだったので楽でした。 家具は実家の部屋にあったテレビ、布団、テーブルだけで、家族に手伝ってもらって運び込み、 他の小物は数個の段ボールで済んだので引越し業者を使うこともなかったです。

2度目は結婚したときです。一人暮らしを3年ほどしていたため、 実家では自分の物として持ってなかった家電、キッチンツールなどが増えたため素人では無理と思い、 このときは引っ越し業者を捜しました。 有名業者は安心ですが高いので、個人でやってる軽トラの運送屋のような小さな引越し便に頼みました。 値段はかなり安く済んで助かりました。 結婚したときに探す部屋は、あまり古かったり狭かったりすると新婚としては寂しいし、 子供ができたりすると困るので、たくさんの不動産屋を回り、見学も数件しました。 場所の割に安くても駐車場がなかったり、日当りが悪かったり、 それなりの理由があるものだと学習しました。

そうして探しているとき、新築マンション物件を見つけました。 まだ建築中とのことで見学もできず、見取り図だけで決めなければいけないのは不安でしたが、 目の前が駐車場で日当りも良く、元々田んぼだったところに建つとのことで、 大きな道から少し入っていたので騒音もほとんどなく、子供ができても安全だし、 管理会社も有名企業だったので決めました。もう今年で10年目を迎えますが、住み心地はいいです。